Masa  Note

なにを残すか、なにを残せるか・・。

フォトログ

夏の疲れを取りに極楽湯に行ってきました!

夏の疲れを取りに極楽湯に行ってきました!

ここのところの台風接近などでドシャ降りの雨の中で仕事をする事が多かったから、カラダの疲れがピークに達してるような気がする。

睡眠もカラダのこり等の原因なのか、何度も目を覚ましグッスリ寝られない。

そこで!

天然温泉の極楽湯にやって来ました!

平日の昼間だから入り口付近には人は多くなかった。

ここのお湯は天然温泉で黒湯と呼ばれる黒色の温泉なのです。

黒湯とは?

太古の海底に繁茂した海藻などの成分(腐植質)が含まれており、そのような地層から採取される温泉水には、腐植質起源のフミン酸が含まれています。温泉中にフミン酸が含まれるとフミン酸が太陽の光のうち目に見える光の部分(可視光線)を吸収するため、光がなくなり温泉が暗黒の黒色にみえる。

フミン酸とは?

フミン酸とは、植物か微生物によって分解されてできる最終の生成物で、土の中でアルカリに溶け酸で沈殿する有機物。

 

いざ入湯!

 

湯ざわりは少しヌルヌル感があり、塩味がある。

▲2F踊り場付近には、複数台のマッサージ機があり、確か15分¥300でカラダをほぐしてくれます。当初はよく利用していました。

 

 

事前に予約をしておいた、『ほぐし処』でボディケアをお願いした。

風呂上がりでリラックスした上にこのマッサージがとても病みつきなる。

丁寧にほぐしてもらったので、カラダが軽く感じる。

マッサージが終わって、またお風呂に入る。

ほぐしてもらった効果なのか、長く湯舟につかれる!

マッサージ前は、なんだか長く入っていられず、あっちこっちの風呂に出たり入ったりの繰り返しだったけど、それが不思議とマッサージ後では長くつかれるのだ。

さて、じっくり入って温まろう!

 

 

店舗数日本一の風呂屋|極楽湯

店舗数日本一の風呂屋|極楽湯

 

@muramasa


URL
TBURL

コメントを残す

Facebookコメント欄

Return Top