Masa  Note

なにを残すか、なにを残せるか・・。

ガジェット

初導入!Withings活動量計Goブラックでデータ管理してみることに。

初導入!Withings活動量計Goブラックでデータ管理してみることに。

活動計には以前から興味があって気になっていたガジェット。

ただ値段的にサッと決めて買えるモノではなく、自分の懐具合と相談しながら時期を待っていた。

Withingsの体重計を先日購入したので、その関連アイテムとして、このWithings活動量計Goブラックに決めてみた。

決め手のポイントは自在に装着スタイルを変えられるところだ。

活動計は毎日身につけることが必要で、ボクの仕事柄、外仕事のハードワークなので壊れないようなとこに身につける必要がある。

以前腕時計をして仕事をしていたんだけど、腕時計のバンドの留め金が破損してしまう事が多々あって、それ以来時計はしなくなった。

それを踏まえると腕には付けられない。

このWithings活動量計Goブラックは、クリップ式にも出来るから、このクリップをカギと一緒にしてポケットに忍ばせることにした。

Amazonで注文、珍しくゆうパックで届いた。

中身は、Go本体とプラスチック製のクリップ、シリコン製のバンド、ボタン電池を取り替える時に使うオープナー、それと取扱説明書。

Go本体はプラスチック製だ。

シリコン製バンド。

Go本体をバンドに付ける時はそれほど苦にはならない。

ただバンドを腕に付ける時のボッチが上手くはまらないのが、ボクの無器用さの表れが出ている。そのうち慣れるだろう!

プラスチック製のクリップ。

付ける時は滑らせるように付けた方がイイみたい。

Go本体。

ディスプレイはいたってシンプルで歩数グラフと切り替えて表示する時計機能だけになる。

時計表示はアナログ表示なので慣れないとよく分からない。デジタル表示にしてくれていたらいいのに、そこが残念ポイントだ。

腕に付けた感じ。

アプリだと睡眠ログと活動計が見やすく表示されている。

仕事で使うと歩数が20,000超えているとは!

体重計と活動計を一緒にデータ管理出来るとこが同じメーカーで揃える良いところ何だよね。

 

Withings 活動量計 Go ブラック 【日本正規代理店品】 WAM02-BLACK-ASIA
Withings (2016-09-02)
売り上げランキング: 5,163

URL
TBURL

コメントを残す

Facebookコメント欄

Return Top