これで完結!伊藤久右衛門の抹茶菓子、生ちょこれーと編

奥さんから頂いたバレンタインチョコ開封シリーズ完結編!

はじめに

とうとう最後の種類、生ちょこれーとを開ける時が来ました。

これを最後にもってくると言うことは、お察しの通り1番楽しみにしていたからです!(๑✧◡✧๑)

開封

△外箱には『茶』の一文字が!


付属の竹楊枝が使いやすくて、捨てるのが勿体ないくらい。

実食

キレイに敷き詰められた抹茶生チョコ。

では、いただきます!(^O^)

抹茶の濃厚さと口の中でとろける生チョコの上品な甘さ!

生チョコはしつこくなくサッパリとした甘さでした。

気が付くと、半分くらい一気に食べていた。( ̄∇ ̄)

まとめ

抹茶のおかげでサッパリとした味わいで、食べ過ぎに注意が必要!

計画的に食べることをオススメします。

△外箱の包装紙がこれまたオシャレでした。

あ〜ぁ、また食べたいな!(´▽`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です