開封!ジャンボチロルを食べてみた。

はじめに

先日、お義母さんからバレンタインチョコを贈ってもらった。

2つあって、そのひとつがジャンボチロルだった。

届いた当日は仕事の帰りが遅く、しかも夕食後でお腹がパツンパツンだったので、とりあえず包装紙だけ取って中身を確認するだけでした。

その時のブログも書いてます!

で、そのジャンボチロルを食べる機会が訪れたのだ。

開封

まず、箱の中央部分を指で押し上げてる。

そうすると、芋づる式につながってチロルチョコが出てくる。


箱から取り出すと、プレミアムらしいゴールドの包み紙でつながって、3種類のチロルチョコがランダムに並べてある。

そして切ってみた!

右から順に抹茶、ヌガー、ミルクと。

そして抹茶が来るかと思ったら、またヌガー!とミルクと。

規則正しく並べてある訳ではないらしい!

実食

3種類全てがプレミアムらしい濃厚な味わいだった。

しかもこだわり抜いた素材を使っている。

抹茶チョコの中身には餅が入ってて、きなこ餅を思わせる食感。

コーヒーヌガーには中身のヌガーがこころなしか、柔らかめな感じがして、歯のくっつきがあまり感じず食べられた。

僕的には苦手だったけど、これならいけた!

ミルクチョコは適度なミルキー感で、くどくなかった。

3種類とも外側は黒のチョコでコーティングされている。

包み紙にも、こだわりが見受けられる。

まとめ

プレミアム感があるかどうかは、個人差の捉え方によると思いますが、僕的にはまたリピートしたいなとおもう商品でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です