Masa  Note

なにを残すか、なにを残せるか・・。

レビュー!

千円札が真っ二つに切れた時の解決方法 #masanote

千円札が真っ二つに切れた時の解決方法  #masanote

先日、仕事でぴょんな拍子で千円札が真っ二つに切れてしまった!
このままでは入金機に入金出来ない!
仕方なく自分のお金と取り替えて入金したのだが…

この後の処理に戸惑ってしまった。

はたしてこのままセロハンテープで止めて使って良いものか?って悩んでしまった!

流通のサイクルを止めなければ、いつまでも流通してしまっているのでは?と、自己責任を感じ、この負のスパイラルを止めねば(自分がやったくせに)。

ネットで調べると銀行で取り替えてくれるらしい。郵便局ではダメみたい。

今回、お世話になった金融機関は!

こちら↑

早速、入ってみた。

中に入ると警備員さんが、にこやかにお出迎えしてくれた。

そのにこやかな警備員さんに自分の用件を伝えた。

知らない時は聞くべきだ!

用紙に記入して欲しいとの事。


これ↑

必要事項を記入して受付番号札をもらい。しばらく待つことに。

時間帯によって、まちまちだと思うけど、11:20頃に行った時は、5分位で呼ばれた!

切れたお札を、そのまま銀行員のお姉さんに渡した。

ある人の事例では、受付の際、セロハンテープで止めたと書いてあったから、あらかじめセロハンテープで止めた方がイイのかな?と思ったんだけど、余計なことはしない方がイイのかな?と思ってそのまま渡したのだ。

その際、特にセロハンテープで止めてくれと、言う指示はなかった。

合計10分位で終わった!

特別、何かする訳でもなく、持参するものといったら、切れたお札だけ。
念のため身分証明書は持参した方がいいのかな?

そんな感じで無事両替が終了したのでした。


URL
TBURL

コメントを残す

Facebookコメント欄

Return Top