Masa  Note

なにを残すか、なにを残せるか・・。

バイタル

四十肩五十肩の症状その後

四十肩五十肩の症状その後

左肩に四十肩を発症してから2回目の整形外科通院をしてきました。1回目から25日間あいだが空いての通院でした。

日に日に左肩の可動範囲が狭くなるのを実感してきて、このままでは治るものも治らなくなってしまうと思い、もう一度受診。

前回3、4年前に右肩に四十肩が発症した時は利き腕だった為か、整形外科には1回の通院だけで治った経緯があったから今回も・・なんて、安易な考えでしたね。

左肩の状態は腕を真上に垂直に上げられないし、何かを取ろうとして腕を伸ばすと激痛でフリーズしてしまう程の痛みが出る。

運送業の仕事で体を動かしているにも関わらず、四十肩ってなるもんなんですね!

 

今回は混雑することを想定して早めに動くことにした、前回初診時には3時間45分もかかってしまったからだ。

診察受付開始30分前に着いたにも関わらず、すでに13人もの人が待っていた。もっと早く来ないといけないようだ!

 

前回と同じメニューのリハビリをこなし、最後に診察でヒアルロン酸注射を打ってもらった。

先生との別れ際に『また来週ね!』と言われたときに、そうだ!本気で治そうと思うのなら定期的に通院しないと早く治らないよな!と思った。

 

処方してもらった飲み薬 

IMG_4186.JPG

痛み止めの薬ロキソプロフェンNa錠

 

IMG_4185.JPG

胃薬ムコスタ錠

IMG_4187.JPGhttps://i1.wp.com/farm9.staticflickr.com/8898/17922327446_09c6b8198e.jpg?resize=500%2C443&ssl=1

湿布薬モーラステープ

 

 

本気で治そう!そのためには定期的な通院あるのみ!!

がんばろう!

 

 

 


コメントを残す

Facebookコメント欄

Return Top