自転車を修理に出して2ヶ月・・。

DSCN2752

 

去年の11月中旬、しばらく乗っていなかった自転車を使うのに出してきたら、とても乗れるような状態じゃなかった。12月の繁忙期は自転車通勤をする為なんだけど、このままでは乗れない!

 

購入した自転車店に修理をお願いしたが、どうやら大掛かりな修理が必要らしい。いくつか部品を取り寄せないとダメらしく、12月中に直るかも不明だと。取り敢えず、使わないと困るから自転車屋さんの代車を、お借りすることになった。

 

僕の愛車(自転車)はRoverっていう英国を代表する自動車メーカーの自転車で、今は製造していない。なので、部品自体を調達するのがムズカシイのか?かなり時間がかかる。お店のスタッフさんは決してそんなことは言いませんが・・。

 

2014-02-01 18.56.02

 

 

買った時のカタログを見ながら、あの時はこんな気持ちで買おう!って思っていたなと懐かしんでしまった。

 

2月1日現在、未だ自転車の部品が調達出来ず修理も出来ない状態だ。

 

修理に掛かる費用もいいお値段になるらしく¥13,000って!普通に1台買えてしまう金額なのでどうしようか?と迷ってしまった。が・・奥さんに「気に入って買った自転車をそう簡単に諦めるな!メンテナンスにはそれなりの費用は掛かるものだ!」 と諭された。

 

一時は、奥さんの言うとおりだと思ったが、余りにも時間が掛かり過ぎるし、この先また同じ様な箇所が壊れた時またこのくらいの時間と費用が掛かると思うと、ここでキッパリ諦めるのも手だ思う。

 

ただ、もったいないのが自転車保険に入ったばかりだった事だ。

 

 結局のところ、僕のライフワークには自転車を使う事が少なかったという事。もう少し自分のライフワークを見つめ直し、どれが必要でどれが不要なのかを、よく見極めなければいけない。ただ欲しいとか、カッコいいとかに左右されないようにしなくては。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です