判明!その名は『アガパンサス』

2013-07-04 18.52.20

 

先日から気になっていた今、あちらこちらに咲いている花の名前がとうとう判明したのだ!

2013-07-01 10.26.17

 

その名は【アガパンサス】。

花色は紫、青紫、白などがあります。紫や青紫色は品種によって濃淡の違いがあり、それなりに色彩のバラエティーはあります。大株では花茎を何本も伸ばし、満開時は賑やかです。

花の形は先端の大きく開いたラッパ型で横向きに咲くものが多いですが、下向きや上向きに花が開くものもあります。草丈は30cmくらいのコンパクトなものから1mを越す大型種まであります。

ユリ科の植物とされていますが、分類体系によってはユリ科から分離されたネギ科に分類されたり、さらにさらにそこから独立したムラサキクンシラン(アガパンサス)科とすることもあります。分類的にはあやふやな点の多い植物です。

和名は「ムラサキクンシラン(紫君子蘭)」と言いますが、この名前で呼ばれることはまずありません。クンシランは縁もゆかりもない別属の植物で、外見の特徴から付けられた和名のようです。クンシランに姿が似て紫色の花を咲かせるという意味でしょう。派手さはないですが、曇天の梅雨空に冴えた色を演出してくれます

アガパンサスはギリシア語のアガベ(愛)とアンサス(花)の2語からなり、「愛の花」という意味です。  ヤサシイエンゲイより抜粋。

これまで7、8人の方に聞いてみたが、この花の名前を知っている人がいなくやっと知っている方が現れた、そんな状態でした。名前自体が覚えづらい名前だから仕方ないかな?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です